「『企業文化』を改めて考える:組織を分析する眼差しと、「中の人」との対話」講座 9/3@恵比寿

 

Future Topics 第4回講座

日にち:9月3日(火)

時間:19:00-21:00 セッション

場所:恵比寿

参加費:3000円(当日現金でお支払いください)

申込URL: https://forms.gle/MDAFGebvAP1RRFXb7



■内容

SDGsやESG投資において、『組織文化』が重要視される傾向にあります。

イノベーションを起こすには組織文化が大事だ(例えばこちら、https://www.dhbr.net/articles/-/5955)という、より将来企業価値を高めるために重要というものや、企業不祥事を防ぐには組織文化が重要だ(例えばこちら、https://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/18091301.html)という、ダウンサイドリスクを防ぐために重要といったのが、代表的な主張です。

その一方で、『企業文化』というのはとてもあいまいで、漠然としています。

目指したい方向に企業文化を誘導するためには、うまくいっている組織の骨組みを導入すればよいのか、日々の行動を支える仕組みをたくさん導入すればよいのか、トップが明確なメッセージを打ち出せばよいのでしょうか?

しかし、「何をすれば…!」のその前に、一旦立ち止まって『組織文化』という言葉で一体何が語られているのか、どのような現象を掴もうとしているのか、改めて捉え直してみませんか。

社会学を専攻する樋口さんをお招きし、組織文化論の系譜を概観しつつ、組織を動かすメカニズムや過程について考えていきたいと思います。

学者はどのように組織を捉えようとしてきたのか、そしてどのように企業の方の声を聴いてきたのかを知ることを通じて、メディアや書籍、論文での議論をより深く理解し、自らの応用可能性へと繋げてください。

 
69065740_2331843736931545_652084835644342272_n.jpg

■ 講師プロフィール

樋口 あゆみ

東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程在籍

1986年生まれ。モバイルコンテンツ企業に勤務した後、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。現在、同研究科博士課程在籍。元日本学術振興会特別研究員DC。専攻は社会学(コミュニケーション論、組織論)。

※Future Topicでは、ESG投資やサステナビリティの現場では、まだ議論が深まっていない新しいトピックを取り上げ、議論を高めるきっかけづくりを目的としています。様々な領域のスペシャリストやアカデミアがいま注目している「実際の現象や事例」「データやエビデンス」「学術研究の成果」をもとに、皆でディスカッションしながら理解を深めます。さらに、より良い未来に向けて、一人ひとりが明日から行動できることは何かについても考えます

 
lectureai aonumafuture